2010年06月15日

MOTOGRAZIELLA 日記其の弐

 色々あって間が空いてしまったのですが、とりあえず現状。大まかな塗装が終わり、ただいま組み上げ中です。元々の部品の欠品や、恥ずかしながら管理の不手際でなくした部品を都合してたりで、苦労は色々ありましたが、ここまで来ました。ナンバーはまだ取得していないのですが、先日、お役所に問い合わせたところ大丈夫との返事を頂けたので、明日明後日くらいにでも資料を抱えて取りに行く予定です。
TS3N0001.JPG
posted by 室井薫 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Motograziella

2010年02月04日

MOTOGRAZIELLA日記其の壱

 ここ暫くPhazerにかかりきりだったので、Motograziellaの方を。と言っても理由がありまして、サンドブラストに必要なコンプレッサーが煙吹いて止まってしまっていて、新しい奴の到着待ち状態だったんですよね……

 そんな訳で、ブラスト以外で出来る事をやってました。カウル周りが結構傷だらけだったので、パテ埋めとサフ吹きしてました。それと、長年の間乗られていなかった為か、シートのスポンジが硬化して合皮のカバーもぼろぼろだったので、そちらを剥がした後にカバーをばらし、型紙を作って合皮を切り出してました。

P1000603.JPG

 合皮は家の仕事場にたくさんあるので、経費はかかっておりません。この後は革の縫える業務用ミシンでもりもり元のシートと同じように縫製していきます。縫製は工場に行かないと出来ないので、後日。

 カウルの方は後部カウルの入れ物ケースとフロントカウルでした。残るはアッパーカウルにあたる部分と、サイドカウルなんですが……アッパーは兎も角、再度はかなり汚れているので掃除するだけで一手間です。こちらも経時変化で素材自体が劣化しており、更にぽつぽつとえぐられた後があるので、パテで埋めた後に水砥ぎを繰り返してます。大体水砥ぎが終わった入れ物ケースとフロントカウルはサフ吹きへ、といった具合です。

P1000602.JPG

 本当は入れ物ケースには蓋があるのですが、入手した時点では欠品でした。なので、知人にお願いして蓋を作ってもらう予定です。

P1000604.JPG
posted by 室井薫 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Motograziella